So-net無料ブログ作成

電気ショック [日記・雑記]



前日の続き。

苦しそうに息をする母にしてあげられることはなく、ただただベッド脇に立ち尽くす。
しばらくすると、先生が入ってきて

「発熱が続いていて心拍もいい状態じゃないからこちらに移動し、
検査をすると、血液中に大腸菌が見つかり感染症を起こしている様子。
心不全も起こしているため、循環器内科の先生と連携を取って・・・」

と説明を受けている最中、心電図の機材の警告ランプが赤に変わる。

先生は、ちょっと。と言って母の様子を見、声をかけるも反応せず。
瞳孔を見たり、脈を取ったりしながら部屋に入ってきた看護師さんに支持を出す。
たしか部屋で取れるレントゲンの機材を持ってきてとかそんな感じ。
バタバタと人の出入りが激しくなった病室から邪魔にならないように一旦外に出る私たち。
廊下で人の出入りを見ていると、急に「もう母に会えないかもしれない」という気持ちが強くなり
泣きながら父に「お母さん、もう会えなくなるの?これで最期なの?」と聞く。
子どもが心配そうに私を見上げるのもお構いなしに泣きじゃくる。
父は「最期じゃないよ。まだ大丈夫」と言ってくれるんだけど不安に押しつぶされそう。



スポンサーリンク








その時、部屋から出てきた先生に書類を渡され、サインを求められる。
内容は簡単に言うと「電気ショックをしてもいいか」というもの。
電気ショックってするのに同意書がいるんだね。
これがどういうことを意味するのか薄々感づきながら父にサインをしてもらい、
なんともいえない時間を廊下で過ごした。

どのくらい待ったかな。
一人、また一人と部屋から人が出て行き、少し落ち着いた感が出てきたので部屋をのぞいてみる。
先生と数人の看護師さんが色んな処置をしてくれていた。
心電図はフラットではなく、きちんと脈を刻んでいる。
こちらがホッとしたのが伝わったのか、先生から「大丈夫、大丈夫ですよ」と言われる。
でも、脈拍が速すぎて、このままでは心臓がヘタってしまうから
明日の朝には循環器内科の先生に診てもらう話でまとまった。
後、持病の糖尿病の管理のため、糖尿病内科の先生にも診てもらいたいと伝えて
主人に電話をし、子どもを迎えに来てもらった。
私はもう少し病院に居たかったから。

子どもを主人に任せて、父と母の横で何を話をするわけでもなく座る。
私は、これからどうなるんだろう?母は家に帰れる日が来るのだろうか?など考えていたと思う。
1時間くらいして、父から「落ち着いたみたいだし、そろそろ帰るか」と言われ、病院を後にした。




続く。

続きは1月2日になりそう。。


スポンサーリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。